• 木. 6月 30th, 2022

ビジネススタイルマガジン

明るく楽しいビジネスマガジン

任天堂 前社長 山内溥氏(故人)の名言

By編集部

10月 15, 2014

(photo by JJ Harrison

◆任天堂 前社長 山内溥氏(故人)の言葉

市場調査? そんなことしてどうするんですか?

――なるほど、その結果に基づいた商品を開発したときは、ユーザーの気持ちは離れているということですね
たしかに、そういったタイムラグという問題もある。でもね、任天堂が市場を創り出すんですよ。調査する必要などどこにもないでしょう。

(高橋健ニ著『任天堂商法の秘密――いかにして“子ども心”を掴んだか』祥伝社、1986年)

人事を尽くして天命を待つというが、人事なんてなかなか尽くせるものではない。

そのときは、やるだけやった、あとはどうなっても満足だと思うかもしれないが、しくじったら、そのとたんに、ああしておけばよかった、こうもすればよかったと、次から次に反省が生まれるものです。

だから、どんなに人事を尽くしたつもりでも、人間は所詮は天命を待つ心境にはなれない。

そういう意味でもわたしは、任天堂の名の由来のごとく、人事を尽くして天命を待つのではなく、単純に「運を天に任せる」という発想を積極的に取りたいと思っています。

(高橋健ニ著『任天堂商法の秘密――いかにして“子ども心”を掴んだか』祥伝社、1986年)

それと同じことをよく聞かされるんですが、何があるんかと僕は言うんですよ。
…ユニークという企業では、東京のほうがよっぽど多いですよ。それでも京都にユニークな企業が多いといわれるのは、町のスケールに比してという意味だと思うけれどもね。しかし、京都の企業にユニークさなんてそんなにありませんよ。僕が見る限り…

(『財界』1991年7月9日号)

世間にはよく成功した人間を尊敬する人がいるけれど、それが僕には不思議でしようがない。

たまたま運が良かっただけの人を、どうして尊敬できるんでしょうかね。

(高橋健ニ著『任天堂商法の秘密――いかにして“子ども心”を掴んだか』祥伝社、1986年)

<参照>ホコタテブログ http://crossing.blog.eonet.jp/blog/yamauchi.html